アメブロ

ブログはアメブロをご覧ください⇒アメブロはこちら


手軽に体験糸かけ曼荼羅

色あい箱の講座の中で一番人気は糸かけ曼荼羅ですが、あまり

時間が取れない方のために、手軽に体験していただける講座を作りました。

 

通常のワークショップでは、一度受講された方はご自由にワークショップを開いていただけますが、30㎝角のボードに釘を打つところから始めていただくのとその大きさから、だいたい3時間半くらいのお時間を見込んで講座を開催しています。

 

新しく始めた糸かけ曼荼羅体験では、20㎝角のボードに釘を打ったものをあらかじめこちらで用意していますので、糸をかけるところから始めていただけます。

そして、大きさも小さめなので、時間も約1時間から1時間半と短くて済みますから、なかなかまとまった時間をとれない方の体験にはぴったりです。

 

この糸かけ曼荼羅の目的はもう一つ、作品を作った後、使われた色糸から色の読み解きをさせていただき、そこに投影されている気持ちを客観的にみることで、ご自身の気持ちの整理整頓ができ、次にすっきり進めるきっかけができます。

 

1回3,500円 今年人気の講座メニュー、おすすめです!

リクエスト受付中!少人数での開催となります。

 


イエベ・ブルべ診断はじめます

このところ、パーソナルカラーがまたブームのようです。

イエベ・ブルべという言葉もだんだんと浸透してきているのではないでしょうか。

イエベとは、イエローベース、ブルべとはブルーベースの略です。

ここ数年、専門学校や大学での検定対策の中で診断をしておりますが、自分のサロンメニューには加えていませんでした。

 

去年からご要望をいただいたこともあって、また学びも深めつつ、新たに印象アップカラーとして、パーソナルカラー診断も承ることにいたしました。

 

従来のパーソナルカラー診断で、春夏秋冬のシーズンの前に、どういった要素がご自身をきわだたせる色なのか、というのを分析しながら診断いたします。

 

詳しくは印象アップカラーのページをご覧ください。


色を学びたい人のためのプログラム

カラーセラピーをしたいわけではないけれど、色の意味をもっと知りたい!という声を受講生の方より受ける事がありました。

今年、RYBカラー🄬より、RYB エデュケーションプログラム、ができ、その声にお応えできるようになりました。

 

内容は、お子様から大人まで、色を学びたい方、日常に活かしたい方向けです。

 

色を勉強したい方にとって、RYBのシステムは、色の意味を覚えるのではなく、どの様に理解を深めていくか、というところに重点を置いていますので、落とし込みやすい内容になっています。

 

このプログラムを考案されたのは教育関係の方で、実際塾や、不登校のお子さんのサポートなどで活用されています。

 

この、RYBエデュケーションプログラムを活用することで、色で見える化し、自分に気づき、知り、そして様々な学びのきっかけにすることが目的で、これにより、セルフバランスを取ったり、自己肯定感をアップさせたり、自己理解が他者理解につながり、客観的、多面的に見る力が育ちます。

 

内容は、色の基礎から意味のほか、日常に使えるワークをいくつか学びますので、すぐに役立てていただくことができるでしょう。

 

詳しくはお問い合わせいただけましたら、幸いです。

 

 


今年度検定対策合格率100%

今年度、大学での検定対策、色あい箱の教室で受講された皆さん、全員合格してくださいました。

 

講座の最中は、楽しくわかりやすい、というのをこころがけて

皆さんとコミュニケーションを取りながら、理解していただくべく頑張るのですが、試験だけは皆さんに頑張っていただくことになるので、いつも祈るしかできません。

 

皆さんと一緒に、結果が出るまでドキドキです。

 

受講生の皆さん、支えてくださった関係者の皆さん、皆さんに感謝です。


色別勉強法を取り入れています

11月11日の色彩検定に向けて、大学での検定対策も残すところあと2回となりました。

先週と今週で、学生たちの選んだ色から、これからの勉強法をアドバイスしました。

その時選んだ色によって、例えば休憩をはさみながら余裕をもってしたほうが良い人、細かい計画を立てて取り組んだ方が良い方など、人によってそれぞれ違います。

 

ですので、それぞれどういった形がより有効か、というのをほんの短い時間ですが、お伝えしています。

 

試験が近づくと、問題を解いてといてわからないところを質問するなどして疑問点をつぶしていく、ということが主になってきますので、色を使うことはちょっとした気分転換の意味もあります。

 

あと、その色によっては、こちらからあまり積極的に声をかけない方が良い場合もあるので、そういったことも把握するのに役立っています。

 

検定対策の私のテーマは、合格はもちろんですが、色を学ぶことが楽しい、と感じてもらうこと。

 

学んでくださっている皆さん方が楽しいと、わたしも楽しいです。

 

みんなに色が味方してくれますように!